映画『もうろうをいきる』公式サイト

目が見えず、耳も聞こえない。ドキュメンタリー映画『もうろうをいきる』8月26日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開

イントロダクション

イントロダクション

ぼくの指に きみの指がふれたとき そこに言葉が生まれた
目が見えなくて耳が聞こえない人のことを、盲ろう者といいます。
盲ろうの人たちは、指で触れあうことで世界とつながっています。地域で支えあいながら暮らしている盲ろうの人たちを、全国各地に訪ねました。
この作品は盲ろう者の人たちをめぐる映画ですが、同時に人びとは誰も皆いろいろな可能性を持ってつながっていて、そのつながりの中から常に希望の糸を紡いで暮らしていることを伝えたいと思いました。人は独りではない=その瞬間をつかまえるような撮影を目指して、盲ろう者と周囲の人たちとの関係性をまじろがずカメラで見つめました。『もうろうをいきる』は、そのような眼差しを持った映画です。
私たちが生きていくことの原点が、盲ろうという“障害”の中につまっていることを、この映画から発見してほしいと願っています。

◯「盲ろう」について詳しくは社会福祉法人全国盲ろう者協会HPをご覧ください
http://www.jdba.or.jp